完全予約制

駐車場完備

ご予約・お問合わせはこちら(高松・東讃 PHS・携帯OK)TEL:0120-08-5780 TEL:087-845-5780

香川県高松市牟礼町牟礼2533-2

高松市の歯科、三谷歯科医院です。 一般歯科だけでなく矯正歯科 小児歯科、咬合療法などの診療も行います。

機能の調和

院長ブログ 問診票ダウンロード よくある質問 患者さまの声 料金について 求人のご案内

義歯

義歯(入れ歯)で快適に!

超高齢社会を元気に楽しく過ごすためには、食事がおいしく、十分に口から栄養が取れる事が鍵を握っているのではないでしょうか。
「何度調整しても調子が悪い」「入れ歯でもっとよく噛めるようになりたい」「しゃべりにくい」などのお悩みのある方、ご来院ください。

かみしめ習慣の改善

かみしめ習慣

自分で気づかないうちにかみしめをする習慣があると、顎や歯に様々な影響があります。
「かみしめ」というと、大きな力でくいしばることをイメージされるかもしれませんが、歯と歯がごく軽い力で接触し続けることも、  ①歯を失う ②歯周病を進行させる ③顎関節症と関連した頭痛をおこす事に関係している事がわかっています。

※クリックで画像が拡大します。

※クリックで画像が拡大します。

出典:高松市歯科医師会「もぐもぐだよりvol.29」

咬合療法

咬合療法であごのズレを解消しましょう。

歯から始めるアンチエイジングには三つの柱「健康」「美」「機能」があります。噛み合わせはその「機能」という大事なパートを担っています。噛み合わせは、単に歯と歯が噛んでいるだけではなく、実は全身の健康にも影響を与え、また口元や容貌の美しさを左右しているのです。
噛み合わせを治すと、疲れやすい、無気力、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛など、あまり歯と関係がないと思われる症状が軽減したり、消失したりすることが多くあります。
これは、あごの三次元的ズレによって、噛み合わせの協調関係がくずれて出てくる不定愁訴と考えられます。
また、あごのズレは顔の歪みを招き、美的にも問題となるほか、身体の姿勢にも影響を与えるようになります。これらの歪みは、咬合療法であごのズレを治すことで、改善またはさらなる歪みの防止が可能な場合があります。

咬合療法

CADIAX、SAM咬合器等を用いて噛みあわせ診査を行った後に、矯正装置を使い(必要な場合)下あごを正しい位置に誘導し、本来の噛み合わせを取り戻します。
義歯を作る時は自分の口元の形,筋肉のたるみ、あごの骨の張り、あごの位置、噛み癖などを充分考慮する必要があります。
顔にあった人工歯の形・並び・色合いが必要です。このことが充分行なわれないと、さも義歯を入れてますという老けた寂しい不自然な顔つきになってしまいます。見た目に若々しく、自然な感じにすることも大事なことです。

咬合治療(噛み合わせ)症例

治療前

初診時の訴え
  • 右上の奥歯のかぶせがはずれた(何度かはずれて再装着)。
  • 右上冷たいものがしみる。
  • 入れ歯は面倒臭いし、格好悪いので、入れ歯っぽくないもので。
  • 硬いものが好き。

これまで、歯を次々失ってこらえた大きな原因は、噛み合わせが低く、咬合平面に左右差があることが関係していること、しっかり咀嚼できないことは全身の体調不良にもつながる事をご説明し、

  • 今まで以上に歯を失わないように
  • 審美性の改善
  • かぶせの脱落や入れ歯の破損等、装着物のトラブルをなくす

上記の治療計画と咬合治療を提案しました。

治療中

下顎の位置決め・・・CADIAXで、顎機能検査・診断後、治療目標の顎の位置を検討するため、スプリントを装着。

治療後

口の中がすっきりし、何でも不安なくよくかめるようになった、と喜んで頂いています

矯正歯科

最良の笑顔のために、矯正治療は必要です。

美しく自然な笑顔と健全な咀嚼運動、そしてストレスマネジメントのために矯正歯科治療は必要です。
唇からはみだしている八重歯は異文化の外国では悪魔の歯としてきらわれます。
口元に自信を持って素敵な笑顔で若々しくなっていただくためにも矯正歯科治療の需要は高まっています。

矯正歯科治療で手に入れるもの

  1. 骨格に対して、的確な噛み合わせ状況
  2. ストレスに強くなる…健全に歯軋りができるようになる
  3. 全身の健康
  4. 見た目の美しさ
  5. 虫歯や歯周病にかかりにくいお口の健康
  6. 一生自分の歯でおいしく食事ができる

三谷歯科医院の矯正歯科治療の特徴

  • 中間歯の抜歯をしない
  • 顎顔面骨格にマッチした噛み合わせの再構築
  • 健全な歯軋りができる噛みあわせ
  • 成長期では、お子様に負担の少ない方法で咬合発育誘導を行う
  • 顎関節症の予防、改善

三谷歯科医院の基本的考え

現代社会はストレス社会です。
人類の歯の機能は進化的背景から、食事のためだけでなく、ストレス発散に大切な役割を果たすように変わってきています。

ストレス管理という面が、全身の健康のために各個人の骨格にあった適切な噛み合わせはとても重要なってきています。

健全な咀嚼運動の大切さ

歯は食べ物をすりつぶし、十分な量の唾液とまぜあわせる「一時消化」を行っています。
このことは、消化のためのみならず、全身健康のために、とても大切です。
歯がなくなっても生きていられる動物は、入れ歯が使える人間だけです。

歯があっても、歯周病が進行すると、かむ機能を充分に回復できずお口元の美しさをそこない、顔の老化をすすめます。
また口臭の原因ともなり、血流を介して動脈硬化や糖尿病、肺炎、骨そしょう症、腎炎、関節炎とも関連があります。
少しでも多く歯を残し、しっかり咀嚼を行うことは、体の内側からも。外側にとっても、最高のアンチエイジングといえます。

体の内側…全身免疫・抵抗力のアップ、抗酸化システムの強化(老化に関連)
体の外側…お口元や表情の若返り、全身の筋肉のバランスよい働き

健康な噛みあわせがなぜ大切か

歯周病は、歯と歯ぐきの間に入った歯周病菌が、歯を支える大切な顎の骨をすこしずつ溶かす病気です。
ただし、歯周病や虫歯の進行は、磨き残しや細菌のみが原因ではなく、歯にかかる横からのゆさぶりの力(はぎしりが主)で、 炎症の進行や歯の破壊スピードを早めます。
従って、はぎしり、くいしばり力に対する、歯の並び(咬合平面、咬合半径、歯軸)がとても大切です。
当院の矯正歯科治療は、顎の関節に負担がかからず、はぎしり・くいしばりがしっかりできることを、見た目の美しさ同等以上に重要視します。

>>咬合治療について、詳しくはこちらをご覧下さい。

インプラント

インプラントと矯正治療が「アンチエイジング」「若返り」「全身健康の増進」「虫歯や歯周病、全身疾患の予防」であることについて

自分の歯でなくなる、「入れ歯」になる…とはどういうことなのか

  1. 自分の歯で生活することに比べ、食事、発音時の違和感=自分の歯ではないという感覚
    入れ歯を装着することにより老いを自覚せざるを得ません。
    または「若さ」に対する劣等感を感じるなど実際に困る事もですが、精神面への影響は想像以上です。
  2. タイプにより、支える歯の本数や加工の方法が変わりますが支える歯に加工が必要となり、加工をしない場合も、かむたびに、支える歯を悪くする力がかかります。

  3. 顔貌の回復に限界があります。
  4. 入れ歯特有の発音となります。
  5. 自分の歯とは異なるお手入れ…旅行、お出かけ先で困る場合も

それらを解消してくれるのが、インプラントです。
詳しくは当院までお問い合わせください。

TOPへ